相模湾釣行記


相模湾のおいしいお魚を釣る
by j9jq7adt9x
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

天下り監視機関を新設へ=官民人材交流センターは廃止−政府(時事通信)

 政府は13日、府省のあっせんによる国家公務員の天下り根絶のため、内閣府の官民人材交流センターを廃止し、新たに「民間人材登用・再就職適正化センター(仮称)」を設置する方針を固めた。こうした内容を盛り込んだ国家公務員法改正案を18日召集の通常国会に提出、成立を図り、2010年度中の早期に始動させたい考えだ。
 新センターは、各省庁による陰での天下りあっせんや、退職間近の幹部が職務に関係する民間企業への再就職活動をしないよう監視。また、事業の見直しや組織の再編に伴い、府省の枠を超えた職員の配置転換なども担う。このほか、民間からの人材登用の窓口ともなる。定員は35人の予定で、主に民間から採用する方向だ。 

【関連ニュース】
総予算を全面見直し=独法・公益法人の無駄洗い出し
規制改革、6月に基本方針=行政刷新会議が確認
業界トップクラスに集中=就職先人気ランキング
政務三役の給与カット検討=議員歳費に上乗せせず
独法役員公募、民間は半数=公務員OBも16ポスト確保

インド洋補給、15日で海自撤収 中国、引き継ぎ検討 政府内に広がる警戒感(産経新聞)
<小沢幹事長>首相と会談 党大会出席「本会議で話す」(毎日新聞)
<岡田外相>イラン追加制裁同調へ 米仏を中心に論議強まる(毎日新聞)
予算委で「党首討論」=自公党首が質問に(時事通信)
<障害者>政府が定義見直し 「社会の制約」考慮(毎日新聞)
[PR]

by j9jq7adt9x | 2010-01-19 21:03
<< 災害援護資金、自己破産の連帯保... センター試験2日目始まる=札幌... >>